夜景に挑戦!|カレッタ汐留②

夜景に挑戦!|カレッタ汐留②


レッタ汐留のイルミネーションの次は、夜景に挑戦した。

カレッタ汐留の46階にある展望フロアでの撮影。

建物の高さは、なんと200m。

このあたりで一番高いビルなのだろう。

展望フロア、とはいえ撮影できるスペースは限られている。

46,7階は、レストランがぐるりしており、夜景を見ながら食事を楽しめるように造られているのでしょうがない。

無料で撮影可能な範囲は、横幅5mほどの幅しかないが、景観は悪くない。

フロアというよりは、ビュースポットというのだろう。

眼下の右手には浜離宮が鎮座しているのだが、夜なので闇にまぎれている。

地平線まで続く光の粒で、この街の大きさがどれほどのものかよく理解できる。
カレッタ汐留夜景1
NIKON D5100   10mm-24mm  3.5-4.5  マニュアルモード
f3.5  2.0s  ISO 100  晴天 11mm

少し下に角度を付けると今度は、道路が光の筋となって繋がっている。
カレッタ汐留夜景2
NIKON D5100   10mm-24mm  3.5-4.5  マニュアルモード
f4.0  3.0s  ISO 100  晴天 10mm

電気は、街にとっての血液のようだ。

莫大なエネルギーの生産・循環・消費がこの街を支えている。

そして、右に視線を移すと、奥にはレインボーブリッジやお台場など湾岸エリアが一望できる。

カレッタ汐留夜景3
NIKON D5100   10mm-24mm  3.5-4.5  マニュアルモード
f4.2  6.0s  ISO 100  晴天 17mm

夜景で問題となってくるのが、ガラスの写り込み。

忍者レフやラバー製のレンズフードを使用して撮影する方法もあるが、ジャケットでカメラを覆えば十分に撮影できた。

とはいえ、ガラスの指紋と写り込みを防ぐのに苦労した。

まぁ文句は言えないが、初めての試みは成功したので、次回はもっと工夫してみようと思う。

カレッタ汐留46階ビュースポットのフロアマップ


本を出しました!
明日の二人
明日の二人
五島 樹

The following two tabs change content below.
五島 樹

五島 樹

Webライター
WEBライターをしながら小説を書いている五島樹(ごしまいつき)です。 閲覧された方々、どうかよろしくお願い致します。 五島と書いて”ごしま”と呼びます。”ごとう”と呼ばれたり、『五島列島出身?』とよく思われますが、 生まれは大分県の日田市という小さな町です。 先祖は村上水軍に関わっていたみたいです。 このホームページでは、映画、小説、写真、歴史、心のあり方などを中心に書いていきます。 また、昨年の8月に『明日の二人』という青春小説を出版しました。 ご興味のある方は、是非読んでみてください。 ↓↓↓↓↓ Amazon 『明日の二人』 http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%AE%E4%BA%8C%E4%BA%BA-%E4%BA%94%E5%B3%B6-%E6%A8%B9/dp/4286153215

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です